審美歯科

審美歯科| TREATMENT OF PERIODONTAL DISEASE

金属を全く使わないオールセラミック冠、変色したり濃い歯の色を白くするラミネートベニアやホワイトニングシステム。
当クリニックでは時代をリードする最新の歯科治療を提案、提供しています。

ホワイトニング

歯の表面にホワイトニング剤を塗り、レーザーを照射することで、歯の内部までホワイトニング剤を浸透させて色素を取り除いていきます。

痛みや不快感はなく、リラックスしていただいた状態でお受け頂け、施術を受けられる度に白くなる歯にご納得していただけるかとと思います。

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、歯の表面を0.5mmほど削って薄いセラミックの板を張りつける方法です。

ホワイトニングでは白くならない歯を白くしたい、歯の形、大きさ、歯並びを変えたい、あるいは歯のすき間を改善したい場合に有効な施術です。

歯のすき間を改善したい場合に有効な施術です。

セラミックインレー

金属の詰めものが気になる方、金属アレルギーのある方など、自然の白い歯に近いものをセラミックで作成します。

違和感がない程自然で白い歯がよみがえります。

オールセラミック

一般的に自費の前歯は金属の上に陶器を焼き付けています。オールセラミックは、プロセラやジルコニアという新しいセラミックの上にさらにセラミックを焼き付けてつくります。

より天然歯に近く、歯ぐきが金属で黒ずんだりすることがありません。

メラニン色素除去

たばこのヤニなどで黒ずんでしまった歯ぐき。その原因は、メラニン色素の沈着によるものです。メラニン色素除去を行うことで、歯ぐきを健康な色に戻すことができます。

その方法として、お薬で消毒して漂白する方法と、レーザーにてとり除く方法と2種類あります。

審美歯科 症例| TREATMENT OF PERIODONTAL DISEASE CASE

ポーセレン・ラミネートベニヤ

(左右の側切歯が矮小歯で正中離開があり)
MTM(小矯正)を行いポーセレン・ラミネートベニアを左右の側切歯に施行し審美性を回復。

ポーセレン・ラミネートベニヤ画像

ホワイトニングとメタルボンド

ホワイトニングとメタルボンドで審美性回復。

ホワイトニングとメタルボンド画像

ホワイトニングとメタルボンド

ホワイトニングとメタルボンドで審美性回復。

ホワイトニングとメタルボンド画像

メタルボンド

メタルボンドで審美性回復。

メタルボンド画像

メタルボンドブリッジ

メタルボンドブリッジを作って審美性回復。

メタルボンドブリッジ 画像

オールセラミック

右上にインプラント、左下にインプラントを施行し咬み合わせを回復し、上の前歯にオールセラミックを作って咬み合わせと審美性を回復。

オールセラミック 画像

オールセラミック

不適メタルボンドをオールセラミックに変えて審美性を回復。

オールセラミック 画像

メタルボンドの交換

不適メタルボンドをやり変えて審美性回復。

メタルボンドの交換 画像

メタルボンドのフルブリッジ

上の歯が7本欠損しており、歯周病もあるのでメタルボンドのフルブリッジで咬み合せを安定させました。

オールセラミック 画像

インプラントとメタルボンド

左上2番の前歯がハセツしており、左上前に2本インプラントを入れ。骨増生と、歯肉移植を行い歯肉の厚みを確保し、メタルボンドを入れました。

メタルボンドの交換 画像

診断には、歯科用CTスキャナーを使用

ひぐち歯科では、精密検査用として歯科専用のCTスキャナーを使用しております。

医科用CTに比べて、被爆線量が非常に少ないこと。(あるデータによると1/35という少なさです。)
CT撮影後即座に分析ができます。大幅な時間短縮ができました。

歯科用 CTスキャナーは従来の診断機器とはまったく異なる撮影方法により、お口全体の立体画像が撮影できます。
しかも、歯の中や骨の中まで立体的に見えるので、正確な治療計画を立てることができます。
インプラント治療、歯周病治療、顎関節治療、根管治療、矯正治療、親知らずなどの埋伏歯の抜歯など、より正確で適切な治療が可能です。
CT

CT画像

page-top