インプラント/インプラント症例

インプラント| IMPLANT

歯は健康の基本。歯をなくしてしまった方も、インプラント治療で、以前のように食事や会話を楽しめるようになります。
当院でも、多くの患者様から喜びの声を頂いております。

インプラントのメリット

  •  入れ歯には得られない安定感があります。
  •  歯茎や他の歯に負担がかからないので、固いものでも自分の歯と同じように、無理なく噛むことができます。
  •  部分入れ歯やブリッジでは、両側の健康の歯を削ったりして固定しなければなりませんが、インプラントは隣接する歯を削ったりする必要がありません。
  •  見た目が美しく、人との会話や食事も楽しめるようになります。
  •  入れ歯やブリッジから、インプラントへと変更すると、今までの悩みから解消されす。

インプラントのメリット

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ1インプラント治療の流れ2インプラント治療の流れ3インプラント治療の流れ4
レントゲン、CT撮影、口腔内写真、顎模型などにより十分な診断、治療計画の後、インプラント治療に関する詳しいご説明をいたします。インプラントを局所麻酔下で顎の骨の中に埋め込みます。インプラントと骨がしっかりとくっつくまで約3ヶ月程度待ちます。(骨の状態など、さまざまな条件によりこの期間の違いがあります。) この期間、一般的にはインプラントの上に仮歯を入れておきます。歯の型取り、製作、次に人工の歯を取り付けます。インプラント治療の終了後はホームケアが重要です。最低半年に一度は定期検診を受けましょう。
インプラントなどの外科処置治療に使用する機器。

インプラント治療器

インプラント治療における治癒促進や骨との結合を早めるための治療器。

超音波治癒促進器

インプラント 症例| IMPLANT CASE

症例の  から  まではみな難症例で骨造成と結合組織移植を合わせて行っております。
どの部位も骨や歯肉が薄く普通にはインプラントを埋めることができず、
GBR(骨造成)や結合組織移植を併用し組織の安定と審美性の改善を行っております。

症例 ①

インプラント症例1

症例 ②

インプラント症例2

症例 ③

インプラント症例3

症例 ④

インプラント症例4

症例 ➄

インプラント症例5

症例 ⑥

インプラント症例6

症例 ⑦

インプラント症例7

症例 ⑧

魅力的な女性でひぐち歯科で最初にインプラントの手術をされたのは79才の時です。
今年で90才になられましたが10年以上たってもインプラントもご自分の歯牙も安定されており3か月に1度はメンテナンスで元気な笑顔を見せていただいております。
特にインプラントを入れられた患者様はメンテナンスが非常に大切です。歯肉やかみ合わせの状態を半年に1度チェックに来院されクリーニングまでさせて頂けると安心です。
インプラント症例8

症例 ➈

部分入れ歯の患者さんです。下前歯4本しかなく奥の歯肉の土手は痩せており前歯に金具をかける普通の入れ歯では前歯の負担過剰が大きく前歯の寿命を縮めるし歯肉も痛くてよく噛めない状態でした。
そこで左右の奥歯の位置にインプラントを左右1本ずつ埋めロケーターという装置を付けることで前歯に金具をかけることもなく入れ歯は動かず何でもよく噛めるようになられました。上顎だと床をくりぬいた金属床を入れることもできます。それは下の症例  です。
インプラント症例9

症例 ⑩

当科来院時は歯周病で歯牙がフラフラの状態でしたがインプラントと歯周病の治療で何とか全体のかみ合わせが安定されました。
このようにインプラントは歯がない所に歯牙ができるだけでなく、かみ合わせを構築することで今ある歯牙を末永く保存でき、安定した口腔環境を維持するために不可欠の治療法と言えます。
インプラント症例10

症例 ⑪

インプラント症例11

診断には、歯科用CTスキャナーを使用

ひぐち歯科では、精密検査用として歯科専用のCTスキャナーを使用しております。

医科用CTに比べて、被爆線量が非常に少ないこと。(あるデータによると1/35という少なさです。)
CT撮影後即座に分析ができます。大幅な時間短縮ができました。

歯科用 CTスキャナーは従来の診断機器とはまったく異なる撮影方法により、お口全体の立体画像が撮影できます。
しかも、歯の中や骨の中まで立体的に見えるので、正確な治療計画を立てることができます。
インプラント治療、歯周病治療、顎関節治療、根管治療、矯正治療、親知らずなどの埋伏歯の抜歯など、より正確で適切な治療が可能です。
CT

CT画像

page-top