NEWS| お知らせ

矯正歯科ページの改定
  • 2020/04/22
  • NEWS
  • ひぐち歯科

今回、矯正歯科のページにおいて

どういう治療方法でどれくらいの期間がかかりどれくらいの費用を要したかの

説明を加筆しました。

わかりやすいホームページの記載に努めてまいります。

どうぞ疑問等があればお気軽にお問い合わせください。

             ひぐち歯科院長

デンタルローンを開始しました
  • 2019/09/26
  • NEWS
  • ひぐち歯科

ひぐち歯科ではクレジットカード支払い以外に、デンタルローンを開始いたしました。

矯正治療、インプラント、審美歯科等、保険のきかない自費治療に対して

ゆとりをもって支払返済ができます。

①最大84回払い(ゆとりある返済回数)

②利用額最大500万円・安心の固定金利(実質年率4.5%)

③医療費控除の対象(節税対策)

 

<お支払い例>

支払額50万円の場合

   支払回数60回(支払期間60ヶ月)均等払いなら

   月分割支払額:9,321円

   最終月分割支払額:9,320円

   お支払総額:559,259円

 

詳しくは、お気軽に受付にお問い合わせください。

現在、歯科衛生士さん募集中です
  • 2018/05/20
  • NEWS
  • ひぐち歯科

ゴールデンウィークもあっという間に過ぎ、梅雨入りも間近な季節となりました。

ひぐち歯科では一緒に働いていただける歯科衛生士さんを募集いたします。

当院のスタッフは皆まじめで明るく優しい人ばかりです。

「来院される患者さんを元気にしたい」を共通目標として毎日頑張っています。

働き甲斐のある気持ちいい職場を目指し、衛生士さんの人数も増強し

交替休もしっかり確保していきたいと思っています。

患者様のお口の健康をつくるプロを目指し、

新しい世界の扉を希望を持って叩いてください。

楽しみにお待ちしています。

7月7・8・9日は3連休させていただきます。🙇
  • 2018/05/20
  • NEWS
  • ひぐち歯科

来る7月7日8日は広島にて日本臨床歯周病学会の全国大会が開催されます。

院長は毎年参加していますが

今年は歯科衛生士も一緒に参加し研修予定です。

ご迷惑おかけしますが

7月7日から9日まで3連休とさせていただきます。

宜しくご了承ください。🙇

2月2日は臨時休診させていただきます
  • 2017/01/25
  • NEWS
  • ひぐち歯科

一昨日は長崎市内にも雪が積もり寒さも一段と厳しさを増しています。

極寒の中もたくさんの患者さんに来院いただき心から感謝申し上げます。

ただし、2月2日はスタッフ研修につき臨時休診とさせていただきます。

お知らせが遅くなり誠に申し訳ありません。

研修後はスタッフ一同また元気に頑張ります。

宜しくお願いします。

平成29年1月25日           院長

 

DSCN0881

歯科衛生士さん募集中!
  • 2016/09/30
  • NEWS
  • ひぐち歯科

ひぐち歯科では常勤の歯科衛生士さんを募集中です。

当院のスタッフはみな明るく優しく楽しい人ばかりです。

私たちと一緒に働きませんか。

「患者さんに希望と感動と笑顔をお届けします」

 

ご連絡をお待ちしております。

GK058_350A

 

7月9日(土)は臨時休診させていただきます
  • 2016/06/22
  • NEWS
  • ひぐち歯科

平成28年7月9日(土)10日(日)の2日間、アクロス福岡にて

日本臨床歯周病学会第34回年次総会が開催されます。

今回のテーマは「歯周治療 成功の鍵(再生療法)」です。

ひぐち歯科でも院長はじめ歯科医師・歯科衛生士6名が出席し

しっかり研修してくる予定です。

7月9日(土)はご迷惑おかけしますが、なにとぞご了承ください。

DSCN0890

インプラント/歯周組織再生療法/矯正歯科の症例を更新しました。
  • 2016/06/09
  • NEWS
  • ひぐち歯科

ホームページリニューアルに合わせて各症例を更新しました。

インプラント 11症例

歯周組織再生療法症例 1症例

矯正歯科症例 7症例

 

インプラント治療など、関心がおありの方は、どうぞご遠慮なくご相談下さい。
当院では、日頃から高度な技術と自信を持って患者様の治療を行っております。

診療科目に自家歯牙移植を追加しました。
  • 2016/05/23
  • NEWS
  • ひぐち歯科

img_jika

診療科目に自家歯牙移植を追加しました。

同一口腔内において歯をある場所から他の場所へ移し替える処置です。
通常、保存不可能歯牙を抜歯した部位へ、機能に参加していない智歯(親知)を移植することが多いです。

紹介ページはコチラです。

page-top